直接本文へ移動する

行動規範

「お客様お一人おひとりにお合わせする」を徹底

『「見えにくい」というお客様の問題を解決する』=『お客様お一人おひとりにお合わせする』という考えを徹底することにより、お客様からの信頼を得、お客様の生涯をお手伝いさせていただくことを目指すことを基本に、従業員と役員が、法令、社内規程を遵守し、高い倫理観をもつための行動規範をまとめました。

1.適時に適切な情報の開示

株主や投資家はもとより、広くコミュニケーションを行い適時・適切な判断に必要な情報を提供するとともに、ガバナンス機能を適切に維持し、長期的な発展に努めます。

2.個性を尊重した職場環境の確保

従業員一人ひとりの人格・個性を尊重し、最大限に能力が引き出される環境づくりに努めます。

3.法令遵守による倫理的な事業活動

法律・ルールのみならず、経営理念、信条、社内規程を遵守し倫理的かつ自由な事業活動を行います。

4.社会貢献活動

事業活動を行う国・地域の文化・慣習の尊重と環境への配慮を行い、経済・社会の発展に貢献します。

5.地球環境の尊重

事業活動を通して、環境保全に取り組むことはもちろん、地球に暮らす市民として、社会や地域の環境保全に取り組みます。

6.基本的人権の尊重

全ての人々との相互理解の前提となる基本的人権を常に尊重し、人種、信条、性別、社会的身分、国籍、疾病、障害等による差別は行いません。

7.企業秘密の管理

業務上で創出され、取得される情報を、その重要度に応じ企業秘密として適正・厳重に管理します。また、収集・使用する第三者(お客様、取引先等)の情報や、第三者から預託を受けた情報も同様に企業秘密として適正・厳重に管理します。

8.インサイダー取引の禁止

業務上で知り得たインサイダー情報を、私的な金銭上の利益のために利用する等の、証券市場の健全性・公正性を阻害する行為を行いません。

9.公的機関との取引、政治献金および寄付

公人・公務員および公的機関との取引、政治献金および寄付について、関連法令を遵守します。

10.反社会的行為への関与の禁止

反社会的な活動や勢力に関しては毅然とした態度で臨み、一切関わりません。

11.知的財産の保護と活用

当社グループにとって重要な財産である知的財産・ノウハウに関わる創造活動を奨励し、その適切な保護と活用に努めます。

12.会社の利益と対立するような個人の行為の禁止

個人的行為が、当社グループの企業活動に不利益を及ぼす場合、あるいはそのおそれがある場合には、この行為を認めません。

株式会社 三城に対するお問い合わせはこちら

ご意見・ご質問の内容は、できるだけ具体的にお書きください。

お問い合わせ