直接本文へ移動する

コンタクトレンズに関するよくある質問

ミキに寄せられた質問にお答えします。

「コンタクトレンズに向き不向きはある?」「ハードとソフトどちらが良いの?」など、コンタクトレンズに関するよくあるご質問にお答えしております。

質問と回答一覧

Q1.コンタクトレンズを購入したいのですが?
A1.

コンタクトレンズの購入には、眼科医の診察が必要になります。三城では、コンタクトレンズを取扱っていない店舗、またコンタクトクリニックが隣接していない店舗もございますので、下記のリンクからご来店したい店舗を検索の上、ご確認ください。

Q2.メガネの度数と、コンタクトレンズの度数は同じでしょうか?
A2.

眼鏡の度数とコンタクトレンズの度数は目からの距離が違うので多少違ってきます。度数がそれほど高くなければあまり変わりはありませんが、一度眼科で相談されることをお勧めいたします。

Q3.メガネに対してコンタクトレンズの特徴にはどのようなことがありますか?
A3.

メガネは目からレンズが離れていますが、コンタクトレンズは目に接していますので、裸眼の時と同じように見るものの大きさが変わらず、視野も広いので自然な見え方になります。また、鼻や耳にへの負担もかかりません。その反面、衛生面でお手入れには、より注意が必要です。

Q4.ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズはどちらがよいのですか?
A4.

お客様がお使いになられる用途やお一人おひとりの目の状態は違いますので、どちらが適しているかは一概には言えません。眼科医にご相談ください。

Q5.コンタクトレンズが不向きな人とはどのような人ですか?
A5.

コンタクトレンズは高度管理医療機器という、誤ったご使用により健康に重大な影響を与える恐れがあるものです。ご自身で、目とコンタクトレンズの適切な管理が行えない場合は、ご使用いただくことが出来ません。また、定期的に眼科医の検査・処方を受けていただく必要があります。

Q6.コンタクトレンズ購入は、その日に受け取れるのですか?
A6.

お客様のご希望の度数、コンタクトレンズの種類の在庫があれば、お渡しは可能です。在庫がない場合は、お取り寄せになりますので日数がかかる場合もございます。

Q7.同じ度数であれば検査なしで購入することはできますか?
A7.

処方箋の有効期間内であれば、ご購入いただけます。

Q8.遠近両用コンタクトレンズの仕組はどうなっているのですか?
A8.

遠近両用コンタクトレンズには大きくわけて2つのタイプがあります。
同時視タイプと交替視タイプがあり、最近では同時視タイプが主流です。

同時視タイプ(主にソフトレンズ)
同時視タイプ(主にソフトレンズ)イメージ

ドーナツ状に遠用部、近用部、中間部が設けられています。境目のない遠近両用メガネレンズのように遠く用の度数から手元用の度数へと自然に度数が変化していきます。そのため遠くから近くまで自然に見ることができます。

レンズによっては遠用部と近用部の度数位置が逆になっているタイプもあります。
交替視タイプ(主にハードレンズ)
交替視タイプ(主にハードレンズ)のイメージ

交替視タイプは遠くを見る部分と近くを見る部分が分けられています。レンズが回転しないように設計され、視線を動かすことで近くと遠くを見分けます。

レンズによって設計は異なります。
Q9.遠近両用のメガネが使いづらかったのですが、遠近両用コンタクトレンズはすぐ慣れますか?
A9.

遠近両用コンタクトレンズも、通常のコンタクトレンズのように異物感が生じる場合があります。ソフトレンズの場合は、レンズが柔らかいため、当初は異物感があっても、痛みを感じることはほとんどありませんが、ハードレンズの場合は、ソフトレンズと比較すると異物感を感じることが多いようです。
またメガネの遠近両用累進レンズは揺れ、ゆがみを感じることがありますが、遠近両用コンタクトレンズは遠くから近くまで比較的自然な見え方です。現在、コンタクトレンズを使用している方は比較的短時間で慣れることが多いようです。
ただし見え方は近視用コンタクトレンズと比べると、クリアさにややかける場合があり、慣れるまでに時間がかかる場合や、ご満足いただけない場合もございます。
いずれにしても個人差がございますので、一度、装用感、見え方などをお試しになることをお勧めいたします。

Q10.遠近両用のメガネと同じように目線を変えて遠近を見る必要がありますか?
A10.

遠近両用コンタクトレンズには、同時に見るタイプと目線を変えるタイプがあります。レンズによって使い方が異なりますが、一般的にソフトレンズは同時視タイプが多く、目線を変える必要はございません。ハードの遠近は中心に遠用度数が、その周辺部に同心円状に近用度数が入っているタイプが多く、この場合には若干視線を下げ目にすると手元が見やすくなります。

Q11.遠近両用のメガネとコンタクトでは、どちらが老視によいのですか?
A11.

これまでコンタクトレンズをお使いになっていた方で、老視になっても使用したい方や、仕事の関係などからメガネが使用できない方などは、遠近両用コンタクトレンズのご使用をお勧めいたします。手元の細かい作業を長時間される方などは、お手元用のメガネをお使いいただいた方がよい場合もございます。

Q12.何歳くらいから使用することができますか。また何歳くらいまで使用できますか?
A12.

近くが見えにくくなるのは個人差もございますが、40代からと言われています。近くが見えにくくなったと感じるようであれば、適応年齢ということになります。
コンタクトレンズが装用できれば、特に年齢の上限はございませんが、遠近両用コンタクトレンズは初期から中程度の老視に適したレンズデザインになっていますので、お試し装用で見え方をご確認されることをお勧めします。

Q13.遠近両用コンタクトレンズの寿命は普通のコンタクトレンズと同じですか?
A13.

普通のコンタクトレンズと同じです。使い捨てタイプのレンズは定められた使用期間がございますので、それに従って装用してください。なおレンズの寿命はレンズのお取扱い方法にも左右されますので、お取扱いには十分ご注意ください。

Q14.装着したままスポーツはできますか?
A14.

コタクトレンズはメガネのようにフレームの重さや汗によるズレを気にすることがありませんのでスポーツシーンには適していますが、水中で目を開ける水泳は適しません。
スポーツで遠近両用コンタクトレンズをお使いになる場合は、見え方に十分慣れてからお使いください。また、車の運転も遠近両用の見え方に十分慣れてからお使いください。

よい例・悪い例

株式会社 三城に対するお問い合わせはこちら

ご意見・ご質問の内容は、できるだけ具体的にお書きください。

お問い合わせ