直接本文へ移動する

見え方に関するよくある質問

ミキに寄せられた質問にお答えします。

「近くが見えにくいのは老眼?」「乱視って何?」など、見え方に関するよくあるご質問にお答えしております。

質問と回答一覧

Q1.新しいレンズを購入しましたが、周りがゆがんで見えます。これは慣れるものですか?
A1.

度数が強いお客様の場合、球面レンズですと歪曲収差により周辺部が歪んで見えます。
慣れによって解決する場合もございますが、非球面レンズにしていただくことにより、歪曲収差を軽減することも可能です。
球面レンズ、非球面レンズの詳細については下記ページでご確認ください。

Q2.老眼とはどういった状態のことなのでしょうか。近視、遠視とは違うのですか?
A2.

老眼は、水晶体の弾力性が低下し、ピント合わせができなくなってしまうことです。
遠視、近視とは屈折異常が引き起こしますので、ご使用になられるレンズも異なります。
詳しくは、下記ページでご確認ください。

Q3.メガネをかけると、目が悪くなるって本当ですか?
A3.

無理して見ることをしなくなりますので、調節機能は多少低下するかもしれませんが、
メガネをかけると悪くなるということはありません。

Q4.近視のメガネをかけると度が進むのですか?
A4.

近視が進むのは、目の性質や目によくない環境の影響が関係し、目によく合ったメガネでは度が進むことはないといわれています。近視は、ものをみるとき網膜の前の方に像を結ぶ性質を持っている目ですが、無理にピント合わせ(調節)をしなくても近くにピントが合うのです。
しかし、遠方にピントを合わすときは、レンズ(凹レンズ)で、網膜に平行光線が像を結ぶようにしなければなりません。
これが近視のメガネです。どんな凹レンズがよいか、近視の種類や使う目的によって、レンズの度数が決まります。
レンズを決めるとき、ずっと近くを見つづけた直後や目が疲れているときは、ピント合わせが安定していないので、注意しないと目に合ったレンズが決まらないので注意しましょう。

Q5.小さい子にはメガネをかけさせない方が良いのですか?
A5.

小さいお子様にメガネを掛けるようにと眼科の先生から処方箋が出されることがあります。
この場合には大きく分けて2つの理由があります。一つ目は、近視や乱視による視力低下があり、メガネを掛けてよく見えるようにするためです。常に使用するのではなく、必要なときのみ使う場合もあります。
二つ目は、生後視力は徐々に発達し3~5歳頃までに完成すると言われていますが、強い遠視や乱視があると視力の発達が抑えられて弱視になりやすく、特に片眼だけにそれがあると両眼で立体的に見ることができなくなったりします。
このようなときは、視力の正常な発達を助けるメガネが処方されます。
小さな子どもさんにメガネはかわいそうだと思われる方が多いのですが、メガネでものがよく見えたり、正常な目の発達を助けてみえるようすることがメガネで できるのですから、とても良いことと言えます。大きくなったときに良く見えるように小さいときだからこそ掛けた方がよいメガネがあります。

Q6.近くが見えにくいのは老眼ですか?
A6.

40歳をすぎて近くが見えにくくなってきたときは老眼が考えられます。
老眼とは、中年以上になって目のピントを合わせるレンズの役目をしている水晶体の弾力性が低下し、近くを見るときに必要な調節(ピント合わせ)ができなく なった状態です。したがって40歳代になって遠くは見えるけれど近くのものが見えづらくなれば老眼が考えられます。ただ、40歳以降で知覚とともに遠くも見えづらくなったときは遠視や乱視のほかに目の病気が関係することもあり、専門医を受診する心構えが大切です。
20歳、30歳代で近くが見えづらくなったり、近くを見ていると疲れたりすることがあります。ピント合わせの機能に問題があったり、近くを見るために両目の視線を寄せる機能の問題も考えられます。
パソコンの普及による影響か、最近では近くが見づらいという若い方が多くなっています。また、むち打ち症の後遺症として近くが見えにくい場合があります。

Q7.近視は老眼にならないと聞いたけど本当ですか?
A7.

残念ながら、近視の方も年齢とともに老視になります。
老眼は水晶体の弾力性が低下し、近くにピントを合わせることができなくなった状態で、これは、残念ながら老化現象です。
したがって、近視の方も年齢とともに老視はおとずれます。ところが、近視の方はメガネをはずせば近くが見える目のため、老視にならないと勘違いされることがあるのです。
近視のメガネを掛けて遠くを見えるようすると、やはり近くは見えづらくなります。

Q8.遠視と老眼はどう違うのですか?
A8.

遠視は調節(ピント合わせ)を休めたとき、遠くからの光が網膜の後方にピントを結ぶ屈折異常で、近視と逆の屈折状態です。一方、老眼は、近くを見るときは水晶体の屈折力を増して近くの一点にピント合わせをするのですが、その水晶体の弾力性が低下し、近くにピント合わせができなくなった調節の異常です。
遠視を矯正するには凸レンズを用い、また遠くがメガネなしでよく見えている方の老眼も同じく凸レンズを用いることから、一見同じように思われがちですが別のものです。近視の方の場合は、弱い近視のメガネが老眼鏡になることもあります。
老眼が近くのみが見えづらいのに対し、遠視の場合は若い方で調節力があれば遠く近くともにピントを合わせることができ、調節力が衰えた遠視では遠く近くともに見えづらくなります。
さらに、老眼鏡をかけた時は近くが見えるようにはなりますが、遠くが見えなくなります。
遠視のメガネはあくまで遠くを見やすくするためのメガネとなります。

Q9.老眼鏡をかけると度が進みやすいのですか?
A9.

老眼は、老眼鏡を掛けることで進むのではありません。
老眼とは、目の中でレンズの役割をする水晶体の弾力性が年と共に下がって、近くを見るときに必要なピント合わせが困難になった目の状態で誰にでもおこる一種の老化現象のあらわれです。つまり、水晶体の弾力性の低下は、誰にでもおこるので老眼鏡をかけるかけないにかかわらないことがわかります。老眼鏡を使い出すと度が進みやすいと言われるのは、老眼鏡が必要となる40~50歳代がピント合わせの力の低下による影響が現れやすい年齢で、度数が変わりやすい時期 と一致するからです。
確かに、老眼鏡をかけると近くが無理をしなくてもよく見えるため、老眼鏡をはずしたときに使い始める前より見えづらく感じることがありますが、無理をして目をこらして見ようとすると疲れの原因となりますし、メガネをかけないで頑張ったからといって老眼が進まないということはありません。生活の中で不便が生じたときに適正な度数の老眼鏡をお使いになり、快適な視生活を送っていただくのがよろしいでしょう。

Q10.既製老眼鏡は目に悪いのですか?
A10.

正しいメガネのためには次のことが大切です。
・レンズの度数が両眼ともに目に合っていること
・左右のレンズの中心(度数の中心)が瞳孔(黒目)の中心に合っていること
・メガネの枠がお顔にフィットして正しい位置にかけられていること
残念ながら既製老眼鏡は 左右とも同じ度数で レンズの中心も枠のサイズも平均的に作られているので 正しいメガネの条件にあっているとは言えません。多くの人が利用する郵便局や銀行の窓口などに置いてある既製老眼鏡は、その時だけ便宜上使うためのものなので、既製老眼鏡でみたからといって目が見えなくなることはありませんが、一人ひとりに合った正しいメガネが見えやすく、使いやすく、目のためにも大切なことは言うまでもありません。

Q11.乱視って何ですか?
A11.

目に入る光が一点にピントを結ばない目を乱視と言います。
近視や遠視と同じく屈折異常の1つなのですが、近視や遠視がピントの位置が網膜の前後にずれているのに対し、乱視の場合は目の方向により屈折が異なるために一点にピントを結ぶことができないのです。
わずかな乱視ではみえ方に影響が少ないのですが、乱視が強くなると方向によって物がにじんだり、ぼやけて見えたりして、遠くも近くも見えづらくなります。
また見ようとする物を少しでも見やすいようにピント合わせが働くため疲れやすくなります。
まさに“乱れてみえる”ということになります。このように方向によって屈折力が異なる乱視を正乱視といい、円柱レンズという方向によって度数の異なるレンズで矯正することができます。
一方、角膜の表面に凹凸がありピントが合わない不正乱視は、コンタクトレンズで矯正します。

株式会社 三城に対するお問い合わせはこちら

ご意見・ご質問の内容は、できるだけ具体的にお書きください。

お問い合わせ