サングラスの基礎知識

もっと太陽、スキになる! ~紫外線との上手な付き合い方~

日差しが強い季節になると、気になるのは紫外線。日焼けだけではなく、皮膚や目に影響を与えかねない存在です。
紫外線の影響やリスクを知って、上手に対策しましょう。

紫外線について

紫外線は3種類
紫外線とは、地球上に到達する太陽光のなかで、波長が短く、エネルギーの高い光のことです。紫外線にはUV-A波、UV-B波、UV-C波と、3つの種類がありますが、このうちUV-C波は大気層(オゾンなど)で完全にさえぎられ、私たちのもとには届きません。一方、UV-B波は、ほとんどが大気層(オゾンなど)で吸収されますが、一部が地表へ到達して日焼けを起こしたり、眼や皮膚の病気の原因にもなるといわれています。また、UV-A波についても、UV-B波ほど有害ではありませんが、長時間浴びた場合の健康への影響が懸念されています。

外出時の浴びすぎに注意!
多くの研究により、紫外線を浴びすぎるとシミやシワの原因となるほか、白内障の原因にもなるなど、人の健康に影響があることがわかってきています。
紫外線はビタミンDを作り出す手助けをしてくれるともいわれていますが、外出の際は日焼けするほどの強い日差しの下は避けましょう。また、保護のためにサングラスや日傘・帽子などを上手に使うことがおすすめです。

紫外線の対策

対策はいくつか組み合わせると効果アップ!

紫外線照射量は、1年のうちで春から初秋(4~9月)にかけて多くなります。
この時期の外出時は、できるだけ紫外線対策を心がけたいものです。

「UVインディックス」とは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いを分かりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したものです
データ元:気象庁

紫外線をしっかり防ぐためには、サングラスや紫外線カットのレンズを適切に使用することが大切。ミキグループで取り扱っているサングラスは、紫外線を99%以上カットするレンズを使用しています。
また、太陽の光は正面からだけでなく、上下左右を含め、あらゆる方向から目に入ってきます。強い太陽の光の下で目を守るためには、適度な大きさのある、お顔にフィットしているサングラスを選びましょう。

どんなサングラスが自分の顔に合うのか、うまく選べない……

そんな時はお気軽に店頭のスタッフにご相談ください。
メガネやサングラスを熟知したスタッフが、お客様にぴったりのサングラスをお探しします。

コチラもチェック

サングラスレンズの選び方