【疲れ目対策に】今一番おすすめしたいメガネ|スマホイージー

2019.05.31

フレーム

パソコンやスマホがもはや切っても切り離せない現代、目の疲れや不調を訴える方に一番おすすめしたいメガネが、「スマホイージー」です。

今回は、疲れ目の原因や症状を分析・研究して作られた、ハイスペックなスマホメガネ「スマホイージー」のご紹介になります。

そもそも、スマホやパソコンによる目の疲れはどうして起こってしまうのか?その原因と、疲れ目の症状についてもチェックしてみましょう。

パソコンやスマホに使われているブルーライトが、目に悪影響を及ぼすことはよく知らせていますが、原因は、ブルーライトを通した物の見え方にあります。ブルーライトを通して見えるものは、映像がぼんやりとしてしまい、それに合わせて目がピント調整を繰り返すことで、疲れてしまうのです。

ブルーライトは、テレビや照明器具などあらゆるものに使われていますが、とくにパソコンやスマホを長時間使う方は要注意。近い距離でブルーライトを見続けるため、より、目を疲れさせてしまいます。また、画面を見つめすぎてまばたきの回数が減り、目がとても乾燥してしまうのも、疲れ目に拍車をかけています。

では実際に、あなたの目がどのくらい疲れているのか、セルフチェックをしてみましょう。

✔仕事では比較的デスクワークの時間が多い
✔1日に3時間以上、パソコンや携帯電話の画面を見る
✔肩こりが気になることが増えている
✔集中力が以前よりなくなっている気がする
✔なんとなく頭が重く感じたり、軽い頭痛を感じたりすることがある
✔目の疲れを感じることが増えている
✔最近気付くとメガネを外していることが多い

どれかひとつでも当てはまる方は、症状が悪化しないようアイケア対策が必要です。

「スマホイージー」は、パソコンやスマホによる疲れ目の原因を徹底分析して開発された、特殊レンズを搭載したメガネです。もちろんお好きなフレームと、スマホイージーのレンズを組み合わせることもできます。
スマホイージーをおすすめしたい理由として注目すべきは、従来のブルーライトカットメガネにはないスペックの高さです。その、3つのポイントを見てみましょう。

スマホイージーのレンズは、ただブルーライトをカットするだけではありません。レンズの上下で、「クリアゾーン」と「リラックスゾーン」に分かれているのが大きな特徴です。

レンズ下部の「リラックスゾーン」には、スマホが見やすいよう、ピント調整をサポートするための度が少し入っています。一方レンズ上部は、遠くがよく見えるクリアゾーン構造に。このように2つのゾーンを組み合わせることで、スマホを見るときも、遠くを見るときも、視界を良好に保ち、目の負担を軽減してくれます。

スマホイージーには、レンズの隅々までクリアな視界を実現させる「透過収差両面設計」を新開発、採用しています。これにより、クリアゾーンだけではなく、リラックスゾーンの度数の変化にもしっかりと順応して、クリアな視界を実現してくれます。

スマホイージーを搭載したパッケージタイプのメガネは、クラシックフレームがとてもスタイリッシュ。

形は基本のウエリントンをはじめ、流行のボストン、ビジネスシーンに最適なスクエア、ファッション性の高いラウンドの4モデルがあります。それぞれに3つのカラーバリエーションを設けた全12種類のバリエーションで、シーンやお好みに合わせて個性を発揮。まるで伊達メガネのようにおしゃれを楽しみながらアイケアまでできてしまう、うれしいメガネです。

スマホイージーは、パソコンやスマホで疲れがちな目をケアしてくれるだけではなく、伊達メガネとしても愛用できるような、そのスタイリッシュさが魅力です。目を酷使しがちな毎日だからこそ、仕事もリラックスタイムも、スマホイージーでしっかりとアイケアをしてあげましょう。

パリミキでは、スマホイージーへのレンズ交換はもちろん、パッケージタイプのフィッティングも、専門スタッフがしっかりと調整いたします。安心してお任せください。

この記事をシェアする

こちらもおすすめです