メガネの鼻パッドをなくす新発想!
化粧崩れが気になる人にオススメの「KIZUKI-キズキ-」

2022.05.09

フレーム その他

長時間メガネをかけていると、どうしてもついてしまう鼻パッドの跡。メガネを外しても跡が消えるまで時間がかかってしまったり、化粧がくずれてしまったり、メガネをかけている以上「仕方ない」と諦めているプチストレスのひとつかもしれません。今回は、パッド跡がついてしまう原因を探ります。また鼻パッドがついていない新発想なメガネ「KIZUKI-キズキ-」についてもご紹介します。

メガネは、耳にかけるモダン(左右2箇所)と鼻パッドの4点で支え、安定させています。鼻パッドがなければ、メガネがずり下がったり、正しい位置でかけることができなくなったりしてしまうため、メガネにとって欠かせないパーツのひとつです。そんな鼻バッドは、フレームと一体になった「一体型」と、フレームとは独立した「クリングス型」の2つに分けられます。

「一体型」はプラスチックフレームに多くあるタイプです。フレームと一体型になっているので、見た目を邪魔せずスタイリッシュなデザインが楽しめます。また鼻パッドが独立していないため、鼻パッドが破損してしまうリスクも低く、丈夫なつくりなのが特徴です。

一方で、鼻パッドの位置が固定されてしまうため、鼻幅や鼻の高さごとに合わせるのが難しい点も。特に海外ブランドのメガネは、欧米人の骨格に合わせた大きさにデザインにされているため、アジア人ではサイズが合わず、ずり下がりを感じてしまうこともあります。

もうひとつの「クリングス型」は、フレームから独立している金属パーツの付いた鼻パッドのこと。金属の先にプラスチックやシリコンなどでできた小さなパッドが付いており、金具の位置を細かく調整できます。フィット感のある着け心地が特徴で、パッドが劣化した際には、パット部分を付け替えることも可能です。

しかし、小さな部品で構成されている「クリングス型」は、日常使いでもズレや歪みが生じることがあるため、定期的なメンテナンスが大切です。大きな衝撃がかかってしまうと破損の原因にもなるため、取り扱いにも注意が必要でしょう。

「一体型」と「クリングス型」をご紹介しましたが、どちらが良い悪いというものではありません。かけ心地や重さなどを実際に試着した上で、長く愛用したいと思えるメガネを選ぶことをおすすめします。

長時間メガネをかけているとどうしてもパッド跡はついてしまいます。どんな原因があるのでしょうか。

《パッド跡がついてしまう主な原因》
・鼻パッドが鼻に合っていない
・メガネが重い
・メガネの幅が広がってしまった
・メガネのテンプル(つる)が耳に合っていない

ただ、これらに気を付けていれば、鼻パッド跡が全くつかなくなるということはありません。鼻パットが肌に直接当たる限り、少なからずパット跡はついてしまうのです。

しかし、パッド跡をつきにくくすることは可能です。どんな方法かご紹介しましょう。

購入したメガネの跡が気になる場合は、販売店へ相談してみましょう。時間経過とともに、メガネにズレや歪みが生じている場合があります。実際にベストなフィッティングになっているのか、販売員に確認してもらいながら、調整するのがおすすめです。

また「ぶつけてしまった」「落としてしまった」「踏んでしまった」などアクシデントがあった場合も、早めに購入店で確認してもらいましょう。歪みの具合が大きい場合、鼻パッドで圧迫され、痛みが生じてしまうこともあります。定期的なメンテナンスを行うことで、無理な負荷がかかることがなくなり、パッド跡が軽減できるかもしれません。

「クリングス型」をご利用されている方は、パッドの素材を変更することができます。パッドは直接肌に触れるため、汚れが付きやすいもの。衛生的にも気になったら交換が望ましいです。

硬化プラスチックのハードパットならパット跡がつきにくく、化粧崩れをしにくいというメリットがあります。一方、シリコン製のソフトパッドには、ずり下がりにくく、痛みも感じにくいという特徴があります。装着感を試しつつ、使用シーンに合わせてご検討いただくのが良いでしょう。

鼻パッドの種類と原因、パッド跡をつきにくくする方法をご紹介しましたが、どうしてもパッド跡をつけたくないという方は、そもそも鼻パッドのないメガネ「KIZUKI-キズキ-」がおすすめです。

<KIZUKI プロダクトページへ>
https://www.paris-miki.co.jp/products/glasses/kizuki/

この「KIZUKI-キズキ-」は、鼻パッドの代わりに、左右の頬骨近くにあるサイドパッドが支えるデザインのメガネ。そのため鼻パッドがなくても、正しい位置でメガネを固定できます。

パッド跡がつかないのはもちろん、鼻パッドによる化粧くずれもないのでつけ外しもラクラク。また、ふんわり宙に浮いているような装着感なので、鼻からずり落ちる心配もなく、ストレスフリーなかけ心地を実現しています。

「KIZUKI-キズキ-」にはユニセックスモデルもあるので、男女問わずご利用いただけます。現在は、店頭販売限定の商品。気になる方は、来店予約いただいき、お試しするのがおすすめです。
※店舗によって在庫状況が異なります。あらかじめご予約をお願いします。またお試しした商品はご購入頂く必要はありません。キャンセル料等も発生しません。

メガネのパッド跡にお悩みの方、かけ外しの回数が多くパッド跡のストレスを少しでも減らしたいと考えている方、もっと快適なメガネライフを送りたい方などにおすすめです。是非店頭で、お試しください!

(取材:文=つるたちかこ / 編集=ノオト)

この記事をシェアする

こちらもおすすめです