Authentic

本物である、美意識。

chapter 1:

CONCEPT

PARIS MIKI Authentic Eyewear 001

鯖江の職人が手掛けたメガネを
お求めやすい価格で。

「めがねのまち」として世界的に知られる、鯖江の日本製メガネ。三城はこの素晴らしさを多くの方々に体験していただきたいと考え、「PARIS MIKI Authentic Eyewear」をレンズ込みで1万9800円からご提供しています。

ノーズパット

シンプルでニュートラル。
だから長く使える。

「PARIS MIKI Authentic Eyewear」は掛け心地に配慮し、シンプルでニュートラルなデザインに。だから、多くのお客様の顔にフィットします。飽きがきにくく、使い込むほどに愛着が増していくメガネです。

chapter 2:

PRODUCTS

PARIS MIKI
- Authentic Eye wear -

chapter 3:

STORY

“本物”のメガネを、
より身近に感じてもらえるブランド

シンプルで癖のない佇まい

すべては、やさしい掛け心地を
感じていただくために

「メガネは全体のバランスが大切」私たちはこのように考えています。
どこか一箇所に重点を置いてしまうと、どうしても癖が強くなって全体のバランスがおかしくなります。
そして、デザインにこだわりすぎると往々にして重量バランスが崩れ、一番大切な掛け心地も悪くなります。 掛け心地が悪いと、そのメガネはやがて使われなくなるでしょう。
私たちは「PARIS MIKI Authentic Eyewear」をできるだけ長く使っていただけるよう、全体を俯瞰してデザインとバランスを丹念に調整しました。
「飽きがきにくく、使い込むほどに愛着が増していく」
辿り着いたこたえは、シンプルだけどその人の個性が表現できるメガネ、Authentic(=本物)なアイテムです。

お客様の“色”を引き出すデザインを
追求しました

シンプルだからこそ、掛け続けるうちに使う人の色を出せる。
それがPARIS MIKI Authentic Eyewearの魅力です。
PARIS MIKI Authentic Eyewearは、現在のトレンドを意識した全48バリエーションの展開となっています。
モデルごとに使いやすいカラーバリエーションを取り揃え、サイズも2サイズ用意しました。
多くの方々に掛けこなしていただくために、デザインはあえて突出した部分をつくらず、タイムレスでニュートラルなものになるよう努めています。
ブリッジを長めに設定し、ややクラシカルな面持ちですが、メガネ全体としては非常にシンプルでクセのないたたずまいとなっています。

PARIS MIKI Authentic Eyewearは、
ディテールにもこだわりました

強度を保ちながら、繊細な印象に

Authenticという言葉は、素材やだわりにも当てはまります。
その一つが、メタルモデルにおいて繊細な印象をもたらしているリム(レンズ周りのフレーム)です。
リムには、通常のチタンより強度が高くバネ製が強いβチタンを使用しました。これにより、リムをギリギリまで細かくしながらもしっかり強度が保たれています。 えてこの部分には彫金細工を入れないことで、より繊細に見えるよう工夫しています。

日本製パーツへのこだわり

メタルフレームのモダン(つる先のプラスチック部)には、肌触りのいい樹脂素材を採用しています。さらに職人が手塗りし、本来染色できないべっ甲模様を施しています。
サイドから見えるリムロック(レンズをネジで留めるためのパーツ)は、ヨロイ部を一体化させることで、よりスマートなルックスとなっています。
メタルとセルのコンビフレームのフロントには、磨くほどに色ツヤが増すタキロン社製の高品質アセテートを使用しました。
タキロン社は色味を出す技術も高く、日本らしい繊細な中間色が巧みに表現されています。

“オーダーメイド”感も
日本製メガネの大きな魅力です

メガネは、お客様の顔に合わせて調整して
初めて完成します

さらに日本製メガネには、こんな魅力もあります。
基本的に日本製のメガネは、一人ひとりの顔の形に合わせてフレームを細かく調整できるように、そして壊れた時にも修理ができるよう作られています。
「メガネは、お客様の顔に合わせて調整することで初めて完成する」
自分の顔にぴたりとフィットした“自分だけのメガネ”は、オーダーメイドの洋服や靴をあつらえることにも近い気持ちよさがあります。

メガネの本質は、
視力補正のための器具であること

低価格の外国製のメガネでは、価格を抑えて提供しやすいように樹脂の素材を使用しているものが多くなります。
ただ、長く使うことや「しっかり見える」ことを重視すると、調整がしやすい日本製メガネのほうが適していると言えるでしょう。
メガネは「その人の顔にフィットし、きちんと見える」ことが、何より大切な役割です。
しっかりフィットしていないメガネを掛けていて、車の運転中にそれが不意に落ちてしまったら、取り返しのつかないことにもなりかねません。
だから三城は、視力補正としての機能をメガネの本質だと考えています。
掛け心地にこだわり、店舗に知識が豊富でお客様の顔に自然にフィットするようフレームを調整する技術をもったスタッフが多くいるのも、そのためです。

こだわりの日本製メガネを
圧倒的なコストパフォーマンスで

日本製メガネをレンズ込みで
1万9800円からご提供します

三城のフィロソフィー「お客様お一人お一人にお合わせする」を体現するブランド。それがPARIS MIKI Authentic Eyewearです。
こだわりの日本製でありながら、レンズ込みで1万9800円からご提供しています。
「本物の日本製メガネをぜひ多くの方々に体験してもらいたい」
そんな私たちの思いから、PARIS MIKI Authentic Eyewearをこの価格でご提供しています。
高品質なメガネをこれほどの高いコストパフォーマンスでご提供できるようになったのは、2011年に鯖江の老舗眼鏡工場が三城のグループ会社となったからです。

PARIS MIKI =日本製の高品質メガネ

PARIS MIKI Authentic Eyewearには、大きなビジョンがあります。
三城の創業から初めて屋号を冠したブランドになります。それは言うなれば、「PARIS MIKI」と「日本製の高品質メガネ」が完全にイコールで結ばれることを意味しています。
今回はコストパフォーマンスの良い日本製メガネを多くのお客様に手に取っていただき、もう一度「本物のメガネ」の良さを知っていただきたいと考えています。

Interviews

増井 孝安/商品企画チーフ

お客様のライフスタイルやニーズに合わせて商品開発をおこなっています。
様々な情報をもとにアイデアを構築し、メガネを構成するパーツの1つ1つを思案、デザインや品質、使い心地など全体のバランスを整えていく工程は、奥深く、また趣きがあります。
同時に完成されたメガネをどのような世界観、価値観を持って世に送り出していくか、並行して一貫のイメージを作りあげます。
新しく生まれたメガネがお客様の手元に届き、笑顔をいただけた時が一番嬉しい瞬間です。