日本製メガネの特徴

日本製メガネならではのこだわり

chapter 1:

PROLOGUE

MADE IN JAPAN projectだからこその
掛け心地をお届けするために

日本製メガネは、視力矯正の機能性と本質を追究します

一日中かけても心地良い。そんなメガネを目指しました

メガネの基本、それは視力補正器具であると私たちは考えています。「朝起きてから夜寝るまで」メガネは一日中かけるもの、だからこそ長時間掛けても疲れにくい、掛け心地の良いフレームをつくることを第一に考えました。
MADE IN JAPAN projectシリーズのメガネフレームは、レンズが入ったときのバランスを考慮して設計しています。ただし、レンズはお客様の視力や、素材によって重さが変わります。掛けた時のバランスを考えて新規でパーツおこし、フレームの重心を後方に持っていくことで、レンズの重みでメガネが滑ることを防いでいます。

鼻に跡が付きづらいから、人前でも気にせず外せます

長時間メガネをかけていると、ノーズパットが当たる鼻の部分が痛くなってくることがあります。視力補正器具あるメガネは、痛くなったからといって掛けるのをやめられません。
「style J」は、ノーズパットに形状記憶素材を採用しました。掛けた時は体温で変形し、一人ひとり異なる鼻の形に馴染むようにフィットします。滑りにくくなり、跡も付きづらくなるのでメイクが崩れる心配もすくなくなります。「PARIS MIKI Authentic Eyewear」はフレーム全体の軽量化にこだわり、軽くて丈夫なβチタン素材などを採用して掛けた際の負担を少なくしています。
どちらのシリーズも、鼻パットがつく金具の形状に工夫を加え調整しやすく、負担を軽減しフィット性を高めています。
日本製メガネだからこそ実現できたやさしくつつむような掛け心地、ぜひ一度ご体感ください。

chapter 2:

CONCEPT

飽きずに長く使えることも、日本製メガネの機能です

上品で、高級感のある「style J」

メガネは視力補正器具であると同時に、顔の印象を変えるファッションアイテムでもあります。品質が高く、長く使える日本製メガネだからこそ、MADE IN JAPAN projectシリーズはデザインにもこだわりました。
「style J」がこだわったのは、上品で、高級感のあるスタイル。
新作となるstyle J 501は、繊細なメタルモデルですが、実は、チタン板を極限まで薄くプレスしてリムを作製しています。カラーリングも全体に金メッキ塗装をした後に、ブリッジにマスキングをおこない、手塗りでバイカラーにしています。
クリングスには掛け心地を高めつつ、調整がしやくなるように“J型”の形状に。“J”はJAPAN(日本製)であることも表しています。

ファッションを選ばない、タイムレスなデザイン

「PARIS MIKI Authentic Eyewear」のデザインテーマは、“タイムレス”。
日本製メガネのエントリーモデルとして多くの方に掛けていただけるよう、スタンダードなスタイルにまとめています。
リムは可能な限り補足することで、スッキリした印象にしました。リムとテンプルをつなぐ鎧部分はリムを挟みこむようにする“マタギ”という手法を取り入れました。
これによりシンプルでやわらかみのあるデザインになると同時に、細さの中に強度を盛り込んでいます。

chapter 3:

MATERIAL

日本製メガネは、素材選びからこだわっています

やさしい掛け心地のために、素材も厳選しました

MADE IN JAPAN projectシリーズならではの包み込むような掛け心地を実現するために、パーツは全て日本製の素材を使用し、製造工程も通常のメガネを作る工程数よりも多く、こだわって作りました。
「style J」は、テンプル(つる)にはゴムメタルを採用しています。ゴムメタルはわずかな力で大きくしなるので、耳やコメカミにかかる力を逃してくれます。
モダン(つるの先)には、肌に優しい原料を用いたアセテートを使いました。モダンはあえて少し重みを持たせて、掛けた際の重心を整えています。

長く使えることも、メガネの大切な機能です

軽さにこだわった「PARIS MIKI Authentic Eyewear」は、テンプルに弾力性のあるβチタンを使用しています。βチタンは独自の手法でプレスをかけて、高密度かつ薄く軽量し、しなりやすくしています。
メガネは掛け外しを繰り返すうちに、だんだんとメッキが剥がれてしまいます。「PARIS MIKI Authentic Eyewear」は、テンプルやブリッジに強度が高いメッキを使い、劣化を抑えています。
PARIS MIKI Authentic Eyewear 015は、一見ブラウンですが、リムだけマット感を出していることに気付くはずです。塗装後に、ブリッジとヨロイにマスキングをして砂を当て、リムだけマットな色合いを残しています。

chapter 4:

FUTURE

上質な日本製メガネを、
より身近に。

掛け心地とデザインのためには、手間を惜しみません

現在、メガネは大量生産でコストを抑えられる中国製が主流になっています。
しかし、MADE IN JAPAN projectシリーズは、製造を日本で行い、多くの工程を手作業で作製しています。
製造をオートメーションにすればコストは下がりますが、工程を単純化する必要が出てきます。
日本、中でも“めがねのまち”として世界的に有名な鯖江には、100年以上前からメガネを作り続けてきた独自の技術があります。これらはオートメーション化が難しいものがほとんどです。
私たちは何よりメガネの“掛け心地の良さ”を追求することにしました。そのための手間は惜しまない。それがMADE IN JAPAN projectです。

やさしい掛け心地の日本製メガネを、お求めやすい価格に

「日本ならではの技術を活かし、素材も質の高い日本製を選ぶ」そのため海外製の2倍、おおよそ250工程をへてひとつのメガネが完成します。工程を経てひとつのメガネが完成します。
これらは、オートメーションに比べるとコストのかかる製法ですが、私たちは日本製メガネのやさしい掛け心地を多くの方に味わってもらうために、価格にもこだわりました。
「PARIS MIKI Authentic Eyewear」のフレームは、高品質と高いコストパフォーマンスのバランスをつきつめて、レンズ込みで19,800円(税込)という価格帯で提供いたします。