直接本文へ移動する

ミキだからできること AU「人生に、本物を」日本の高度な技術と本物の素材が融合されたミキのトップブランド

ミキのメガネにかける想い

ルネッサンスの美と技と日本伝統の技の融合 オリジナルブランドAUフレームができるまで

AU(エーユー)とは?

あなただけデザインであなただけに「合う」ミキが世界に誇る18金メガネフレーム

「AU」は、金の元素記号であると同時に「英雄」に通じ、東西文化の「逢う」から、あなただけのデザインであなただけに「合う」を意味します。見た目が重そうなナポレオンのぺンダントが軽量なことに目を付けた多根弘師(現 三城ホールディングス社長)が、イタリアのアレッツオ(※)で中空ネックレスと出会う。

金のチューブを使ったネックレスの画像

美しくしなやかな中空パイプを生み出すイタリアの宝飾技術と日本の竹工芸に代表される精緻な手工芸の技を融合させ、AUフレームは誕生しました。※アレッツオ...世界的に有名な名匠(マエストロ)の技が脈々と息づく都市として有名。

AUの特長、魅力

AUの中空パイプ材の画像

軽くて竹のようなしなやかさ永遠に朽ちない輝きと中空構造

従来の重く、非実用的な金無垢フレームをペンダントの中空構造技術を応用した結果、半分以下まで軽量化に成功。若竹のような強さとしなやかを持ち、メガネボリュームを損なわず品位も優れた、世界で初めての18金フレームが「AU」です。ニッケルレスでかつ金が錆びにくい事から、極めて肌に優しいフレームになっています。

若竹のような強さとしなやかさを持つイメージ画像

AUが出来るまで

ステップ1AUシリーズのゴールドは用途に応じてイタリアとスイスでAUの基となる中空パイプ材が作られ日本へ輸入します。

中空パイプの画像

ステップ2パイプ材をAUのパーツに合わせて必要な長さにカットします。

パイプ材をカットしている工程の様子

ステップ4仕上がったパーツを組み合わせ細部の調整を行った後、厳しい品質検査を行います。

品質検査している工程の様子

ステップ3パーツをロー付け後、丁寧に研磨し傷やよごれを除去して金本来の輝きを出します。

研磨している工程の様子
このような工程を経て・・・

「本物」にこだわり抜いたミキだから出来る世界初18金フレームAUフレームが誕生

  • AUのご紹介 ブランドサイトはこちら
  • ミキのフレームブランドのご紹介はこちら
CGを使ってお客様に最適なデザインを
AUリメイクオーダー