補聴器の種類

メガネでは、目的に合った機能を決め、装用者の状況・希望に沿った形状を選択します。
補聴器もそれは同じで、身に着ける形状はその方が聞こえの状況や希望によって変わってきます。

耳あなタイプ

耳あなの中に収まって、耳本来の機能を活用できます。

メリット

○ 装着が簡単
○ 機能が豊富
○ 比較的目立たない

デメリット

× 耳あなの大きさによっては作成できない

カスタムタイプ

オーダーメイドで、様々なタイプの難聴に対応できます。

メリット

○ 機能が豊富
○ 高度難聴にも対応できる

デメリット

× オーダーの中で一番大きく、目立つ

超小型耳あなタイプ

マイクを外に出すことによりサイズを小さく作成可能

メリット

○ 通常パワーは同じで普通耳あなタイプより小さくできる
○ 本来の耳の集音効果を活用

外耳導マイクタイプ

補聴器が初めての方にやさしい掛け心地

メリット

○ 一番多く使われている
○ 目立たない
○ 耳を塞がれた感じがしない
○ 装着感がいい

デメリット

× 高度難聴の方には対応できないことがある

耳かけタイプ

様々なタイプの難聴に広く適応します。

メリット

○ 機能が豊富
○ 幅広い難聴に対応できる
○ オーダーものより価格が安い

デメリット

× 目立つ

箱型

手元でボリューム操作ができます。

メリット

○ 価格が安い
○ 幅広い難聴に対応できる

デメリット

× 大きいため活動的ではない

まずは店頭でお試しください。