オプティカルアート

遊び心で自然や伝統、歴史を表現したこだわりの作品。
ひと味違う、あなただけのメガネをご提案いたします。

オプティカルアートとは

オプティカルアートコレクションとは、メガネのレンズやフレームに独自のデザインを加えてカスタマイズするミキ独自のサービスです。
オプティカルアートのデザインは、日本の伝統工芸技術と最先端の装飾技術を融合し生み出されます。
職人の精緻な技と遊び心から、自然や伝統、歴史を表現した、ひと味違うあなただけのメガネをご提案します。
サンプル作品と同じようなデザインもお作りできますが、お客様お一人おひとりのご要望にお合わせして世界に1つだけのメガネにカスタマイズします。
お客様の喜び、驚きを励みに一瞬一瞬の自然美をメガネに表現したい。
このような想いを込めて、メガネの新しい楽しみ方を提案します。

加工料

レンズ加工
  • ワンポイント 5,400円~
  • その他  5,400円~37,800円
テンプル彫刻
  • 両テンプル 10,800円~

使用素材

・スワロフスキー

・純金箔

・和紙

・布

・絹糸

・貝

・漆

・葉脈

・ラメ

・ホログラム

オプティカルアートコレクション

土佐龍

雲竜紙(土佐和紙)を青海波に切り出し、純金箔に貼り、清流の鱗模様を表現しています。

■使用素材/雲竜紙(土佐和紙)・純金箔・スワロフスキー

切子萬字繋

萬字文は「光り輝く天体」を象徴し、文字通り萬治如意を願う模様。

■手法/砂打ち・彫刻

妖精の涙

妖精は、傷ついた地球を癒すために、癒しの涙のしずくを零しているのです。

■使用素材/スワロフスキー
■手法/砂打ち

酔紋

市松模様のオプティカル・イリュージョン。角度によって模様が変化して見えます。

■手法/砂打ち

醍醐

京都伏見の醍醐寺は、豊臣秀吉によって「醍醐の花見」が行われた桜の名所。

■使用素材/桜花弁螺鈿(貝)・ピンクラメ

雪月花

江戸小紋は、派手な大柄は贅沢品として規制を加えられていた時代に、遠目には無地に見えるように細かい柄を入れたのが始まりです。

■使用素材/抜きメタリック紙
■手法/挟み込み

君影草

すずらんの別名。花言葉は、意識しない美しさ・純粋・幸福の回帰・乙女の祈り。

■使用素材/スワロフスキー
■手法/砂打ち

月人荘士

万葉の頃、月神を若い男に見立てて和歌を詠み、壮大な天空を表現。

■手法/型抜き・砂打ち(弱度数のみ可)

夜窓

幾何学模様はビルの窓の光を表現しています。

■手法/砂打ち・彫刻

潮騒

海の色のようなアバロニ貝、海の輝きをシルバーラメ、波をカットで表しています。

■使用素材/アバロニ貝
■手法/溝ラメ・ファセット

PDFでより詳細な情報をご確認いただけます。

PDFでより詳細な情報をご確認いただけます。