スポーツミックスの大本命に注目|『Eyevol』登場!

2019.04.27

サングラス

ファッションと密接な関わりを持つサングラストレンド。流行が多様化する中で、今“スポーツミックス”なテイストへの関心が高まっています。

今回は、ファッションとスポーツのマッチングが冴えるブランド『Eyevol(アイヴォル)』を紹介します。遊び心を忘れない大人たちのライフスタイルにフィットするEyevolの魅力に迫ります。

EYEVANは「着る眼鏡」をコンセプトに1972年に誕生。職人の匠の技と熱意あふれるデザインチームの想像力で、1985年には世界進出を果たしたMADE IN JAPANの老舗ブランド。
古い道具や建造物など、あらゆるイメージからインスパイアされたデザインは、一見シンプルでありながら、細部に技巧をこらした工芸品とも呼べる仕上がり。40年間大切に受け継いできたクラフトマンシップを守りつつ、2013年に新たなデザインチームが加えてアップデートされた「EYEVAN7285」や、メガネの粋を極めた「10 eyevan」が近年人気を集めています。

『Eyevol』は、そんなEYEVANから誕生した、楽しむ大人たちへ贈る“遊び心をくすぐる”アイウェアブランドです。

『Eyevol』のデザインベースには、クラシックで普遍的なデザイン“EYEVANらしさ”がしっかりと受け継がれています。一方で注目すべきはその、デザイン性と掛け心地を追求したマテリアル。

フレームの素材には、耐久性・軽さ・バネ性に優れた「TR-90」、テンプル内側とノーズパッドには、ゴムのような質感のラバー素材「TPE」を採用しています。樹脂製のフレームはしなやかな弾力性を生み、フィティングポイントにラバー素材が快適なホールド感を実現しています。さらには紫外線を99%以上カットし、自然な視界で長時間かけていても疲れない「CR-39」製レンズを搭載。ハイスペックに加え、重量はわずか「23g」と驚きの軽さを実現し、アクティブシーンへの対応度の高さも見逃せないポイントです。

機能性はもちろんですが、高いデザイン性もEyevolの魅力。程よくボリュームを持たせたフロントデザインは流行を意識しつつ、スポーツファッションにもフィットするデザインへと落とし込んだスタイル。これが現在のファショントレンドにピッタリハマります。特にストリートスタイルや、スポーツテイストを盛り込んだアスレジャースタイルなど、ファッションとの相性の良さが、Eyevolのアドバンテージの高さとも言えるでしょう。

ではここで、Eyevolのサングラスの中から特にチェックをしておきたい、選りすぐりの3本をご紹介します。

トレンドのボストンシェイプと、なじみやすいウェリントンシェイプを融合させた、いいとこ取りのボスリントンタイプのサングラスです。掛ける人を選ばず、ファッション性の高さも発揮してくれる万能モデル。よりフィット感を高める可動式のノーズパッドや、テンプルパッドには、ラバー素材のTPEを採用し、アクティブに動いてもズレません。

日本人の顔立ちにもフィットしやすい、スタンダードなウェリントンシェイプの1本。定番でありながら、ブリッジや智(ヨロイ)に高さを持たせたりと、さりげなく個性を発揮しています。特徴的なストレートテンプルは、フィッティングなしでもしっかりとしたホールド感。スポーティーに掛けられる反面、ほどよくボリュームを持たせたフレームが、ファッションコーディネートにもしっかりとマッチします。

トラディショナルなボストンシェイプを、Eyevolならではのスポーツミックスなテイストに仕上げた1本。丸みのあるすっきりとしたフォルムは、女性にもとても人気があります。テンプルが9mm長くなったことで、よりホールド感がアップ。普段使いからアクティブシーンまで、あらゆるシーンをスタイリッシュにキメてくれます。

スポーツに、アウトドアに、遊び心を忘れない大人たちは、ファッショントレンドにも常に敏感。『Eyevol』は、そんな欲張りな大人たちのライフスタイルを、ボーダレスに楽しませてくれる、ハイスペックなサングラスです。

パリミキ公式オンランショップ「E-megane(イーメガネ)」では、Eyevolのサングラスが豊富にラインナップ。購入後も眼鏡専門店ならではの、充実のアフターサービスが受けられるのも大きなメリットです。Eyevolをいち早くチェックしたい方はぜひご覧ください。

この記事をシェアする

こちらもおすすめです