メガネ(眼鏡・めがね)のPARIS MIKI

サングラスをオールシーズン楽しもう! 秋冬ファッションと合わせるポイントとは?

2023.11.13

サングラス

夏といえばサングラス。そんなイメージを持っていませんか? 実は、秋冬こそサングラスの魅力が引き立つ季節。「あの服を着てみたい」と思うような気持ちで、サングラスを選んでみませんか。今回は、オールシーズン使えるサングラスの楽しみ方、選び方をご紹介します。

日本では、暑い時期を中心に身に着けられているサングラス。「紫外線から目を守る」「太陽のまぶしさをさえぎる」などの機能面に期待して使っている人も少なくないのではないでしょうか。もしそうであれば、夏だけでなく、オールシーズン使うことをぜひ検討してみてほしいです。

実は、夏よりも冬の方が太陽の位置が低いため、外出時や運転中、低い位置から顔にあたる日差しにまぶしさを感じやすいことも。また紫外線量は夏と比べると低くなりますが、ゼロになるわけではありません。目の健康を守るためにも、サングラスは日常に積極的に取り入れたいアイテムなのです。

機能面だけでなくファッションとしても、サングラスは一年中楽しめるアイテムです。

Tシャツにサングラスは、もはや夏の定番コンビかもしれません。特に2023年の夏は、マスクを外す機会も増えたことが影響し、サングラスを楽しむ人が増えた季節でもありました。

せっかく身近になったサングラスですから、オールシーズン楽しみたいところ。アイテム数も多く、ファッションで自分らしさを表現しやすい秋冬こそ、服や靴を選ぶような気持ちで気軽にサングラスを選んでみてはいかがでしょうか。

顔まわりはもちろん全身の雰囲気も、サングラスの取り入れ方ひとつで大胆に変化をつけることができます。

新しい組み合わせに挑戦することで、夏場にはわからなかったサングラスの新たな魅力に気づけるかも。その日の気分に合ったサングラスをかけて、街に繰り出しましょう。

秋冬ファッションとの合わせ方をいくつかご紹介します。

まずは初心者にも取り入れやすいコーディネートの紹介から。近年人気を集めているライトカラーレンズは、ファーストサングラスとしてチャレンジしやすく、色のバリエーションも豊富です。なかでもシルバー系やブラウン系は、秋冬におすすめの一本といえるでしょう。

細めのフレームが柔和で落ち着いた雰囲気を演出。カッチリとした装いからカジュアルなものまで、さまざまなファッションと合わせやすく、ボーダーシャツとの相性も抜群です。

濃い色のカラーレンズ&定番の太いフレームのサングラスは、装着するだけで全身の印象をガラッと変えてくれる画期的なアイテム。淡い色合いのスポーツアイテムとも意外にマッチします。

インパクトのある大きめアクセサリーを添えると、カジュアルになりすぎず、すっきりとした雰囲気に仕上がるのでおすすめです。

また、これぞサングラスといった姿形の定番アイテムは、秋冬だけでなく、オールシーズン楽しみやすいので、一本持っておくと重宝するでしょう。

シックな雰囲気が漂うダークブランのサングラスは、あらゆる秋冬ファッションに幅広く合わせやすいアイテム。コートにはもちろん、カジュアルなシャツにもフィットします。

なかでも大きめチェックは、チェック柄に馴染みのない人でも挑戦しやすく、サングラスとの相性も抜群。遊び心も感じられる組み合わせです。

個性的なファッションを楽しみたい方は、サングラスのフレームの形状にもこだわってみるのが良いでしょう。キャップなどで顔を覆う面積が多い場合は、存在感のあるフレームを合わせるといいアクセントになります。レンズをグレーなどのシックな色味にすると、個性だけでなく、大人っぽさを演出することができますよ。

「どんなサングラスを選んだらいいかわからない」とお困りの方もご安心ください。パリミキでは、フレーム選びからレンズ選びまでお客様に寄り添いながらお手伝いさせていただきます。

お客様の輪郭や雰囲気にぴったりなフレーム、日常使いにうれしい調光レンズや個性的なカラーレンズなど幅広い選択肢の中からお客様にぴったりな一本をご紹介します。

「ファッションアイテムとして使いたい」「仕事中もプライベートも使えるものが欲しい」「スポーツでもずれにくいサングラスが欲しい」「運転中に使いたい」などお気軽にご要望をお知らせください。いろいろなサングラスを試しながら、自分だけのお気に入りの一本を見つけましょう。

(取材:文=つるたちかこ / 撮影(モデル写真はのぞく)=舛元清香 / 編集=ノオト)

この記事をシェアする

こちらもおすすめです