『パリミキ×森田貴宏』コラボイベント開催の報告
イベント

2019.03.22

「パリミキ」「メガネの三城」を展開している株式会社 三城(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田将広)は、パリミキ渋谷店で森田貴宏氏と澤田将広のトークイベントを開催いたしました。当日ご入場できなかった方の為に会場の様子をご報告いたします。

森田貴宏氏と澤田将広の対談では、質の高い「ものづくり」へのこだわりなどの話を伺いました。
パリミキが88年続けてきた「お一人おひとりにお合わせする」品質、素材、適切な調整技術の向上や日本製へのこだわりや、FESN laboratoryの、身長、体重、その人のライディングスタイルに合わせたカスタム商品を手がける森田氏のクラフトマンシップ精神の有り方など、良い物をつくることにこだわり続けているフリートークを開催いたしました。

1975年生まれ 東京都杉並区出身
プロスケートボーダー 株式会社FESN 代表取締役
13歳からスケートボードに乗り始め、16歳でカリフォルニアの老舗スケートカンパニーZ SKATESの東京支部「TOKYO Z BOYS」のメンバーに抜擢。
19歳で自身もライダーを続ける傍ら、スケートビデオ表現の世界にも心酔。現在までに数多くのビデオ作品を発表。2013年にアメリカ、ハリウッドで開催されたISFF(INTERNATIONAL SKATEBOARD FILM FESTIVAL)GO PRO主催のエキシビションにて、歴史的なスケートフィルムメーカーのレジェンド達と肩を並べ堂々準グランプリを獲得。
近年、中野にスケートボード自体をデザイン、制作する「FESN laboratory」を設立し、アパレルブランドLIBE BRAND UNIVS.も展開。現代のストリートカルチャーを牽引し続けている。

渋谷店、右入口付近にディスプレイされた森田氏が手がけたスケートボードは、2019年4月25日まで展示されており、自由に見ていただくことが出来ます。

KICAZAL

ROCK、BLUES、HIP HOPなどそれぞれのルーツとなる音楽、そしてそれをとりまく文化に魅了されたメンバーが集まり結成。バンドスタイルにこだわる一方、現代音楽のダンスビートを取り入れるなど、アーバンな楽曲制作が特徴。
2018年夏にはParis Mikiとコラボミュージックビデオ「Gimme a shot」を発表し、今年2019年はParis Miki ✖︎ FESN laboratory のスケートボードビデオに音楽提供をいたしました。

会 社 名:株式会社 三城
設   立:2009年1月15日
代 表 者:代表取締役社長 澤田将広
資 本 金:1億円
事業内容:眼鏡およびその関連商品を主に取り扱う眼鏡専門店チェーン

この記事をシェアする