スマホサイズのフレームとケース「スマホイージーフレーム」新発売
〜フィッティング可能なコンパクトフレーム〜
お知らせ

2020.07.10

スマホサイズのフレームとケースがセットになった「スマホイージーフレーム」を発売いたしました。

コロナウイルスの影響でリモートワークが増え、それに伴いパソコン用メガネを購入する人も増えています。パリミキでは以前から、パソコン用メガネとしてブルーライトカットやピント調節をサポートする「スマホイージー」を販売してきました。スマホイージーは視力が悪い人だけではなく、普段はメガネを必要としない視力の良い人からも需要がありました。メガネを常用しない人は仕事のときだけなど、必要な場面にのみメガネを装用するため持ち運びする機会が多く、メガネケースはかさばらないコンパクトなものを求められます。一般的なコンパクトサイズのメガネは極端に薄いかわりにかけ具合の調整ができないため、装用感が決して良いとは言えず、見た目もいかにも老眼鏡といったものが多く見られました。そこで、スマホサイズのコンパクトな形状は担保しつつ、かけ心地も兼ね備えた普通のメガネと変わらないデザインをコンセプトにこのフレームを開発しました。

スマホサイズのコンパクトさをメインにデザイン。
1. テンプルをたたんだ時の厚みは1.7〜1.8センチ。(普通のメガネフレームの厚みは2.6〜3.0センチ)

2. テンプルにはベータチタンを採用し、かけていても疲れにくい軽さと適度なフィット感を出すしなりを兼ね備えています。さらにイオンプレーティングと呼ばれる、宇宙開発技術の一環として発明された真空乾式めっき加工技術を用いることで、耐⾷性・耐摩耗性がアップし、汗や皮脂よごれによる腐食が発生しにくくなります。

3. 鼻あて部分は幅をとらないU字型の金属足を採用し、かけ具合の調整が可能です。

4. プラスチックフレームの前枠素材は、メガネフレームで多用されている樹脂素材の中でも硬さのあるTR4066を採用しています。硬度があることで通常の樹脂フレームより、前枠の厚みを薄くすることが可能となりました。

5. 専用ケースは1.9センチ幅と、ポケットにも入るスリムサイズです。

SEZ-001

リムに転写や七宝を施し、トレンドのクラシックフレームをカジュアルに。

SEZ-002

丸みを帯びたウェリントン型。細みのリムですっきりとした印象に。

SEZ-003

トレンドのボストン型。ブリッジ下のやんわりとしたキーホールは、クラシックでありながら柔和な雰囲気に。

商品名 :スマホイージーフレーム
フレーム価格:8,000円+税
付属品:ケース
サイズ:SEZ-001〜002 レンズ幅48ミリ、SEZ-003 レンズ幅47ミリ
種類 :3型9種
販売店:パリミキ、メガネの三城、オプティックパリミキ
※店舗によりお取り寄せになる場合があります

一般的にパソコン用メガネといえばブルーライトカットメガネを想像されると思います。しかし、ブルーライトをカットすることにより目への刺激は軽減されますが、ブルーライトだけをカットすれば目にいいと言うわけではありません。近くを見る際は、水晶体を膨らませる毛様体筋に負担がかかるので目が疲れます。つまり、疲れ目は毛様体筋が疲労することで起こる症状とも言えます。
スマホイージーレンズは疲れ目軽減を考えて設計しており、上下2つのゾーンでピント調節をサポートします。メガネ下部に設計されたリラックスゾーンは、スマホ使用時の目のピント調節をサポート。また、メガネ上部は遠くが見やすいクリアゾーンとなっています。目への刺激を軽減するだけではなくピント調整サポートにより目の疲れを軽減し、かけるだけでより高いアイケアを実現します。
(レンズ価格8,000円から)

この記事をシェアする