メガネの不具合、修理について
メガネの不具合、修理について

日常生活に必要不可欠なメガネ。壊れてしまうととても困りますよね。ご自分で直そうとするとかえって悪くなる恐れもあります。そのような場合は、パリミキの店舗にお持ちください。ここではメガネの修理に関する費用や日数についてご説明いたします。

メガネの修理・調整を自分で行う前に

毎日身に着ける大切なメガネ。そんなメガネが壊れてしまった場合、自分で修理することは可能なのでしょうか。壊れた状態によっては可能な場合もありますが、意外と大きなリスクも伴います。

メガネの修理・調整を自分で行う前に

例えばネジが外れた場合、ネジと精密ドライバーがあればすぐに直すことが可能です。しかし鼻あて部分をとめるような小さなネジですと、まずネジの穴にネジを入れるのが一苦労です。さらにネジ頭が小さいため、ドライバーがすべってしまいレンズに大きな傷をつけてしまうこともあります。レンズに傷がついてしまうと、戻すことはできません。ほかにも大切なメガネが取り返しのつかない状態になってしまう失敗例もあるため、ご自分で修理されるのはあまりお勧めできません。
メガネの修理は簡単にできるものもありますが、なかには細かな作業が必要な場合も多くあります。日常生活で必要なメガネが壊れると、なんとかしたい、とつい焦ってしまうものですが、状態を悪化させないためにもまずはメガネ店にお持ちいただいて相談されるのが良いでしょう。

メガネの修理について

一口にメガネの修理といってもその内容は様々です。ここではご依頼いただく件数が多いものを中心に、修理の概要や料金の目安などについてご説明いたします。
※目安として日数や金額を表示していますが、フレームの経年変化や壊れた状態によっては、修理ができなかったり、日数や料金が加算されたりする場合がございます。あらかじめご了承ください。

パット(鼻あて)やテンプルがとれた

鼻あて
鼻あて
テンプル
テンプル

パット(鼻あて)やテンプルがとれた場合、多くはパットやテンプルを留めていたネジが外れてしまったケースです。その場合はネジを入れ直せば使用可能になります。万一、ネジを紛失してしまった場合でも、店舗では専用のネジを用意しておりますので、大抵の場合は対応可能です。無料で対応いたします。接着剤などは使用せずに、店舗までお持ちください。
パット(鼻あて)をつけている金属の足がとれてしまった場合には、修理が必要です。メタルフレームの場合は金属同士を溶接するロー付を行います。熱を加えることで、周辺の色がかわってしまうことが多く、ロー付けをした部分にメッキや七宝をつけ直した方がよい場合があります。その際は修理工程を分ける必要があるため、プラスの日数がかかることがあります。
プラスチックフレームは、フロント枠にクリングスを取り付ける修理を行います。

修理にかかる料金

内容 価格 お渡し日
ロー付けのみ 3,300円(税込) 8日~
ロー付け+二色メッキ+再七宝 9,680円(税込) 29日~
内容 ロー付けのみ
費用 3,300円(税込)
お渡し日 8日~
内容 ロー付け+二色メッキ+再七宝
費用 9,680円(税込)
お渡し日 29日~

レンズが外れた

レンズが外れた

レンズが外れるのも多いトラブルです。メタルフレームの場合は、レンズをフレームではさむようにしていますが、ネジをつかって固定しているため、それが緩むとレンズが外れやすくなります。この場合はネジを締め直すことで解決します。
レンズをナイロン糸で止めているナイロールフレームの場合、この糸が伸びたり、切れたりしてレンズが外れることがあります。この場合は再度、ナイロン糸をつけ直すことで対応可能です。ナイロン糸は半年程度を目安に交換すると安心です。
いずれの場合も店頭で対応できます。

修理にかかる料金

内容 価格 お渡し日
ネジが外れた 無料(不具合の状況によっては有料の可能性も有り) 当日(不具合の状況によっては日数を要する場合も有り)
ナイロールフレームが伸びた・切れた 無料(不具合の状況によっては有料の可能性も有り) 当日(不具合の状況によっては日数を要する場合も有り)
内容 ネジが外れた
費用 無料(不具合の状況によっては有料の可能性も有り)
お渡し日 当日(不具合の状況によっては日数を要する場合も有り)
内容 ナイロールフレームが伸びた・切れた
費用 無料(不具合の状況によっては有料の可能性も有り)
お渡し日 当日(不具合の状況によっては日数を要する場合も有り)

ネジが折れた

メガネは色々なところにネジを使用していますが、特にテンプルやレンズを留めるネジが折れてしまうことが多いようです。ネジは金属製であり、汗や水などの影響をうけて、次第に劣化していくことがあります。ネジ折れの場合は、折れて残ってしまったネジをはずしますので、フレームを数日間お預かりして修理します。

ネジが折れた

長くご愛用いただいているメガネについては、定期的に店頭でクリーニングや点検を受けていただくと、ある程度こうした不具合を未然に防ぐことができるかもしれません。フレームのかけ具合の調整も随時ご対応いたしますので、お気軽にお立ち寄りください。

修理にかかる料金

内容 費用 お渡し日
メタルフレーム ネジ抜き・ネジ入れ 2,750円(税込) 4~5日
メタルフレーム 型直し 2,200円(税込) 4~5日
内容 メタルフレーム ネジ抜き・ネジ入れ
費用 2,750円(税込)
お渡し日 4~5日
内容 メタルフレーム 型直し
費用 2,160円(税込)
お渡し日 4~5日

メッキの塗装がはがれた

メガネは毎日使用します。長年使っているとフレームのメッキがはがれたり、あるいはメガネを落としてメッキ部分に傷がはいって取れたりしてしまうことがあります。このような場合にはフレームの再メッキをかけることが可能です。フレームの素材やかける箇所によってことなりますが、今のメッキを剥がして、再度かけ直します。
種類や箇所などによって費用や日数がかわります。

メッキの塗装がはがれた

修理にかかる料金

内容 費用 お渡し日
単色再メッキ 4,180円(税込) 18日~
二色再メッキ 5,280円(税込) 20日~
内容 単色再メッキ
費用 4,180円(税込)
お渡し日 18日~
内容 二色再メッキ
費用 5,280円(税込)
お渡し日 20日~

フレームの型直し

ここでいう型直しとは、普通のフィッティングで調整する程度ではなく、大きくゆがんで曲がってしまったメガネの状態です。店頭にある工具類での調整では限界があるため、このような場合には修理として依頼します。

メッキの塗装がはがれた

修理にかかる料金

フレームの種類やデザインによって異なりますが、大体4~5日程度で、2200円(税込)が目安です。

丁番修理

プラスチックフレームの丁番が折れて取れてしまうことがあります。メガネを踏んだり、間違って逆向きに力をかけたりしてしまうこともあります。

メッキの塗装がはがれた

修理にかかる料金

折れてしまった丁番を抜いて再度新しい丁番を埋め込みます。さまざまな種類の丁番を用意していますが、フレームの種類によっては別途お見積りさせていただく場合があります。目安としては5日~1週間程度で、4950円(税込)です。

このほかにもプラスチックフレームが折れてしまった場合や、磨き加工など、長く大切にメガネをお使いいただくためのお手伝いをさせていただきます。ぜひ店頭にてご相談ください。