フレームタイプの種類

メガネフレームの種類や特徴について紹介します。メガネフレームはその構造によって、大きく6種類に分けることができます。

メタルフレーム(フルリム)

フロントが金属でできたメガネフレームをメタルフレームと呼びます。また、テンプル全体がプラスチック製のものもあります。レンズを金属で囲っているため、強度が高いのが特徴です。

メタルフレーム(フルリム)

セル(フルリム)

フレームがプラスチックの素材で作られているメガネのことです。
以前ではセルロイド素材で作られていたため、セルという名称が定着しました。
金属よりも長持ちはしませんが、カラフルな色や柄フレームなど豊富なカラーバリエーションが魅力です。

セル(フルリム)

ナイロールフレーム(ハーフリム)

レンズに溝を掘り、主に下半分をナイロン糸で留めているメガネフレームです。
強度や見た目の自然さではツーポイントフレームとオールメタルフレームの中間的な存在です。
ほとんどの場合、安全性の面からガラス製レンズは使えません。

ナイロールフレーム(ハーフリム)

縁なし(リムレス)

レンズとメガネフレームを2ケ所で留めているものが多いためツーポイントとも呼ばれます。
レンズに穴を開けて金具で止めているため、強度的にはやや弱く、取り扱いには注意が必要ですが、縁が無いので軽量かつ、見た目もとても自然です。
ナイロール同様安全性の面からレンズをガラスで作ることはできません。

縁なし(リムレス)

コンビネーション

メタルやプラスチックなど、異なる素材をもちいて作られたメガネのことです。
フロントの一部にソフトシェルと呼ばれるプラチックのパーツを用いたモデルや、金属性のリムにプラスチックを巻きつけたセル巻など、近年はバリエーションがとても豊富なカテゴリです。
フロントの眉毛部分にプラスチック素材を使用したフレーム(サーモントタイプ)もコンビネーションに該当します。

コンビネーション

ブロー

眉毛部分のブローと、中央のブリッジが一直線のバー状になったデザインの総称です。
ブロウとバーのみが繋がっていることで、目元が強調されてインパクトを与えてくれます。使用する素材やリムの太さによって、すっきりさせたり個性的なイメージを持たせたりもできます。

ブロー