長く使うためのお手入れ方法

メガネは非常にデリケートなものです。
メガネを長持ちさせるために、毎日できる簡単なお手入れ方法についてご紹介いたします。

メガネの正しい使い方

掛け外しは両手で

片手で行うとフレームが変形することがあります。

置くときはレンズを上に向けて

レンズ面を下に向けると傷がつくことがあります。

持ち運びや保管はケースに入れて

そのまま携行や保管すると、変形や破損の原因になる場合があります。また、薬品・洗剤・化粧品類と一緒に保管しないでください。

高温にご注意

変形したりコート膜が破壊されたりすることがありますので、ドライヤーやサウナなど、熱風や高温にさらされるところでは使用しないでください。

炎天下に置かないで

変形したり、熱くなったメガネで火傷をすることがありますので、直射日光下や、車のダッシュボードなどに放置しないでください。

お手入れはやさしく

拭くときは、まずチリやホコリを払ってから、専用のメガネ拭きやティッシュで軽く拭いてください。
汚れのひどいときには、水で表面のホコリを流し、専用クリーナーで仕上げてください。

濡れたらすぐに拭き取って

雨などで濡れたときは、乾かないうちに拭き取ってください。
乾いてしまうと、跡が取れなくなる場合があります。